下取りと買い取りは査定額が違う!どちらが高く売れる?


買取りで愛車を高く売るコツを見る

 

 

「下取りと買取りはどちらが高く売れるのか
わからない…」

「少しでも高く車を売る方法を知りたい!」

 

誰でも得したいと思っているため
こう考えるのは当然ですよね。

 

しかし、どちらの売り方が得をする
売り方なのかわからなくて
悩んでいる方も多いでしょう。

 

そこでこのページでは、
次の2点を紹介します。

 

  • 下取りと買取りのメリット、デメリットとは?
  • 得する車の売却方法とは?

 

これを知ることで、少しでも愛車を
高く売却することができるはずです。

 

得したお金は、車の買い替え資金や
旅行などのレジャーに使って楽しみましょう。

 

手続きが楽?下取りのメリットとは?

下取りのメリットは、
「手続きがもっとも楽な方法」
だということです。

 

そもそも下取りとは、
新しい車の購入代金から下取り代金を
割り引く制度です。

 

つまり、車両の引き取りから
購入した車の納車まで、一括で
面倒を見てくれます。

 

そのため、ディーラーなどの購入先が
面倒な手続きをすべて行ってくれるのです。

 

これは、下取りの唯一のメリットと
言えるでしょう。

 

8割が知らない下取りのとデメリットとは?

 

デメリットは、
「買取りよりも査定額が安い」ことです。

 

ディーラーなどの販売店は、買取り店は
車の買取りに力を入れていないからです。

 

特に、走行距離が10万キロを超えていたり
10年落ちを超えていたりすると、
0円査定をつけられることが多いです。

 

販売店は車を売ることがメインであるため
「下取りはサービス」という程度に
考えておいた方が良いでしょう。

 

手続きはどうなる?買取りのデメリットとは?

買取りのデメリットは、
「車を買い替える場合、手間がかかる」
ということです。

 

下取りは、車の買い替えを同じ
店舗で行えるためすべての手続きが
1つの店舗で済みます。

 

そのため、手間がかかりません。

 

しかし、買取りの場合、
2倍の手続きが必要になります。

 

車の売却先と購入先が
別の店舗になるからです。

 

知っている人は得する!買取りのメリットとは?

 

買取りのメリットは、
「下取りよりも査定額が高い」ことです。

 

下取りの場合、
車の購入先と同じ店舗になるため
他の業者と査定額を比べることができません。

 

一方、買取りは
どの店舗にするかは自由です。

 

そのため、いくつかの買取り業者で
査定額を比べ、価格交渉ができるのです。

 

実際に管理人は、交渉をすることで
下取り査定額が0円の車を18万円で
買取りをしてもらうことに成功しました。

 

ただし、高額査定を引き出すには
ちょっとした「コツ」が必要です。

 

次に、その「コツ」を紹介します。

 

管理人が18万円得した高い査定額を引き出す「コツ」とは?


高額査定を引き出すコツは、次の通りです。

  • 下取りをせず、複数の買取り店で
    査定額を競わせること

他の店舗の査定額よりも上げて欲しいと
価格交渉することで、査定額が上がります。

 

とはいえ、自分で買取り店をいくつも探すのは
何時間もかかるため大変です。

 

そこで、「一括査定サービス」がオススメです。

 

45秒程度の車情報の入力だけで、10社近くの
買取り店で一括査定ができるからです。

 

これを利用することで、時間を無駄にせず
車を高く売ることができます。